染み抜き宅配クリーニングせんたく屋しん染み抜き職人&作業工程紹介ページです。

ホーム サイトマップ 店舗概要
トップ> 職人紹介&染み抜き作業工程

染み抜き専門店とクリーニング店との違い

通常クリーニング店では1〜3程度の工程で、水を使わずドライ溶剤でクリーニングします。 溶剤は油脂の溶解力に優れていますので、衣服を変形させるような物理的な力(揉むなど)は極力加えず、 繊維に汚れを接着させている皮脂やタールなどの油脂分を溶かして汚れを取り去ることができます。
しかし、付着してから時間が経過したシミ・黄変・ワイン・コーヒー・醤油・ボールペン・口紅などのシミはドライクリーニングで落とすことはできません。
染み抜き専門店では、シミの種類・シミの状態・素材などを分析し、職人が一点一点手作業で『特殊染み抜き』及び『染色補正技術』を施すことにより、クリーニング店では不可能だった高度なシミ抜きが可能となるのです。

染み抜き作業工程

通常クリーニング店では、1〜3程度の工程で作業を行います。
当店は一つ一つ商品にあった、検品・しみ抜き・前処理・洗浄・乾燥・プレスをします。
料理に例えると下処理をしっかりします。
これを怠ると、落とせるシミも落とせなくなるのです。

検品

商品の状況を確認します。
確認箇所は破れている箇所はないか、ほつれ、ボタンの有無細部まで及びます。

前処理

検品結果や商品の素材のシミ汚れの種類に応じてどの工程を行うか選別して、前処理(薬品)をします。

洗浄

選別結果に基づいて、一番適切なクリーニング方法であらいます。

乾燥

乾燥機による乾燥、あるいは自然乾燥、乾燥は商品の種類に応じて行います。

染み抜き

必要に応じた染み抜きを施します。

仕上げ

商品の性質、形状に合わせてアイロン、プレス機などで仕上げます。(基本仕上げです)

包装

商品の仕上がり具合を確認しながら、包装します。

お渡し

包装の完了した商品をお客様のもとへお届けします。


染み抜き職人紹介

1974年 12月生まれ
1993年 某クリーニング店入社
1996年 クリーニング師免許取得
2000年 第二級ボイラー免許取得
2006年 徳島県下シェア率No.1
      クリーニング店退職
2007年 2月『せんたく屋しんオープン』

『染み抜き専門店 せんたく屋しん』のホームページをご覧いただきありがとうございます。

当店は『染み抜き職人』元木真司が、
お問い合わせ(メール受付)・作業・発送、など全てを一人で運営しております。
大きな会社では、私がやりたい仕事が出来ない!と思い、自らの腕一本でどこまで出来るのか挑戦してみようと『染み抜き専門店 せんたく屋しん』をオープンさせました。

通常、大型クリーニング店では衣類は受付後すぐに工場へ運搬されます。ですから、直接お客様の要望を聞く事ができません。
当店では受付=職人ですので、直接お客様の要望を聞く事ができ、スムーズに作業が出来るのです。

「染み抜き」というのは、大量生産できない分野です。
一つ一つ商品を見極める為に、お客様のご要望を直接聞く事ができるのは大変ありがたいことだと思っております。
これからもたくさんのお客様のご要望に応えられるよう日々精進いたします!